修士論文

年度 氏名 専攻・コース 題目
平成29 ⼤澤 永始 情報通信コース 近似データ再利⽤型アクセラレータによる組込みプロセッサの⾼効率化
平成29 横⽥ 港 情報通信コース 単⼀命令セットコンピュータを⽤いた省エネルギー・スケーラブルなマルチコアプロセッサ
平成29 Paniti Achararit 情報通信コース Exploration of Convolutional Deep Belief Network Models for Emerging 3D Memories
平成29 大﨑 尚哉 情報通信コース 近似計算を用いた低消費電力アクセラレータ設計
平成29 Sara Ayman Metwalli 通信情報工学専攻 Systematic Analysis Framework for Approximate Computing Applications
平成29 Fransiscus Marcel Satria 通信情報工学専攻 Approximate K-means: Efficient Data Clustering by Architectural Perforation
平成28 齋藤 晴樹 通信情報工学専攻 アプリケーションの特徴を考慮した近似加算器の最適設計手法
平成28 下山 真 通信情報工学専攻 NVMを利用した省電力組み込みシステムの高位合成手法
平成28 張 栩生 通信情報工学専攻 単一命令セットコンピュータを用いたハードウェア故障検出手法
平成28 吉金 孝浩 通信情報工学専攻 LLVMを用いた単一命令セットアーキテクチャSubleqコンパイラの開発
平成27 酒本 典明 通信情報工学専攻 高い面積効率を持つ双対命令セットアーキテクチャSubleq⊖

学士論文

年度 氏名 学科 題目
平成29 二瓶 湧太 情報工 複数Arduinoによる畳み込みニューラルネットワーク構築手法
平成29 漁野 佑輔 情報工 小型組み込み端末へ向けた筆跡認識ニューラルネットワークの軽量化
平成28 佐宗 馨 情報工 単一命令セットコンピュータを基とした面積・エネルギー高効率プロセッサ
平成28 趙 靖遠 情報工 単一命令セットコンピュータの開発環境構築
平成28 Vu Phong 情報工 Estimation of Delay Fault and Power Consumption in an Instruction Set Simulator
平成27 大澤 永始 情報工 Approximate Computing を考慮したデータ再利用アーキテクチャ
平成27 善波 一輝 情報工 FPGA を用いた高信頼組込みシステム評価フレームワーク
平成27 野村 大樹 情報工 高位合成における近似演算器の共有
平成26 杉山 翔一郎 情報工 Approximate Computingに向けた MIPSアーキテクチャ拡張
平成26 塚越 航 情報工 Approximate Computingによる画像圧縮アルゴリズムの高速化
©2018 Hara Laboratory. All Rights Reserved. Designed By JoomShaper